イメージ画像

不動産物件の引き渡しの際の注意

不動産物件の契約が済んだ後は、実際に物件を引き渡してもらうことになります。
ただし、この時注意しておきたい点も存在するのです。

 

まず物件を引き渡す前には、内覧会と言って完成後の物件を見ていく機会が設けられます。
この内覧会によって、部屋内の設備や使用している建材についてしっかりと確認できるのです。

 

この時、ついつい確認を簡単に済ましてしまいがちですが、万が一異常があった場合、暮らしていくうえで大きな不便を感じるようになってしまいます。

 

折角高額のお金を出して物件を購入したからには、快適に過ごしたいと思いますね。そう思ったら、設備に問題がないか細かくチェックしていくようにしましょう。

 

一度契約してしまうと、契約後に部屋内の設備に異常を見つけた場合でも、改善してもらうことは難しくなります。そのため、不都合を自分たちで直さなければいけなくなるのです。

 

まず内覧会で隅々まで確認をし納得できない部分があった場合には、躊躇することなく会社側に申し入れることが重要になるのです。

 

これは中古物件でも同様で、引渡し前に物件を隅々まで確認し修繕が行われていない部分や設備に違いがあった時には、しっかりと改善を行うように意見することが重要です。
おすすめの不動産査定はこちら。

このページの先頭へ